結婚が良く分からなくなってきたあなたへ|好きで結婚?条件で結婚?

 

結婚できたらゴールだと思っていたけれど、どんな人と結婚生活を送りたいのかわからなくなってきてしまった。

 

生活をしていくだけなら、結婚にこだわらなくてもいいですよね。結婚って何のためにするんだっけ?

 

好きで結婚?条件で結婚?

 

こんな感じで婚活ライフに迷いが出てきた方への解決策をご紹介します。

 

結婚が良くわからなくなってきた方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

あなたの結婚生活のイメージは?

生涯をともにするパートナーが欲しい。みなさんはそう思われて婚活をしてらっしゃいますよね。

 

仕事から帰ったら、愛すべきパートナーがいる。供にご飯を食べ、たわいのないことで笑いあい、休暇は一緒に楽しむことができたら・・・。

 

そんな未来図を描きながら、婚活をしていらっしゃるのではないでしょうか? 

 

婚活の場は、色んな方がいらっしゃいます。どんな基準で相手選びをしたらいいのかは、婚活を続けていくと必ずぶつかる壁だと思います。

 

あなたは、結婚生活に具体的なイメージを持っていらっしゃいますか?

 

漠然と婚活を続けていたら、時間だけが過ぎてしまった・・・なんて事がない様にしたいですね。

 

今一度あなたは、どんな結婚生活をイメージしているのか考えて見ましょう。

 

どうして結婚したい?婚活を続ける理由は?

あなたは、どんなきっかけで婚活をはじめることにしましたか?

 

幸せな家庭を築きたい、という夢があったのでしょうか?

 

周りが結婚をしはじめたから、焦ってしまった。親が結婚を望んでいるなど、人それぞれ婚活を続けている理由があると思います。

 

なんとなく婚活を続けていると、どうしていいかわからなくなるときもありますよね。

 

私が婚活を続けて思ったことは、結婚に対するビジョンが比較的固まっている方のほうが、スムーズにお話が進みやすいなということでした。

 

あなたの人生なんですから、あなたの意思で決めていいんですよ!しっかり悩んで、じっくり答えを出しましょうね。

 

パートナー選びに重要なこと

 

婚活をはじめるにあたって、最初にどんな相手を希望しているのか条件を挙げますよね。

 

条件ばかりを求め続けると、

 

・条件に当てはまる人が少なすぎてマッチングできない。

 

・運よくマッチングできても、ゴールインができなかった。

 

ということになります。

 

逆に、条件なんて必要ない!愛情溢れる相手と出会いたい!と思ってらっしゃる方もいると思います。

 

ただ、その先に待ち構えているのは、生活です。生活をしていくには、もちろんお金も必要ですし、家事もしなくてはなりません。

 

お子さんを望んでいらっしゃるなら、子育ても待っています。あなた自身に経済力があって、全てお金で解決できる!というのなら、なんら問題はないかもしれません。

 

でもそんな方は、ごく少数ではないでしょうか。

 

あなたが、一生をともにするパートナーに対して、絶対必要だと思っていることはなんでしょうか?

 

どうしても、自分なりのこだわりや譲れない点はあると思います。

 

でも、ここは譲ってもいいかな?話し合いで解決できそうなことはないかな?としっかり考えてみてください。

 

あなた自身が、絶対にパートナーに求めることはなんでしょうか。

 

しっかり見つめなおすことで出会いの幅が広がるかもしれませんよ。

 

好きになった人と結婚したい

「好きな相手と結婚したい」というのはとても自然な感情だと思います。好きだから許せること、頑張れることは本当に多いです。

 

結婚式の誓いの言葉でもありますよね。「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、
真心を尽くすことを誓いますか?」

 

とても素敵な言葉だと思います。心の底からそう思える相手と出会って結婚したいですね。

 

あなただからこそ、辛いことも一緒に乗り越えていきたい。そんな想いは結婚生活を豊かにしてくれます。好きという感情は、何ものにも勝るものだと思いますよ。

 

好きになれば色んなことを我慢できるという方は、「好きで結婚」を目指すのがいいですね。

 

どうしても譲れない条件がある。条件で結婚したい

結婚をするなら、この条件だけは絶対に譲れない!というのは誰しもあると思います。

 

婚活をするにあたって、あなたはいくつ条件を挙げましたか?その中でどうしても譲れない点はいくつありましたか?

 

たとえば男性の場合、20代で年収600万以上の方は4.5%しかいらっしゃいません。

 

また30代でも年収600万以上の方は20%程です。

 

また、結婚相談所に登録してらっしゃる方の年齢層は30代の方が50%を占めていらっしゃいます。

 

年収や、年齢、容姿、価値観の違い、優しさや家事スキル・・・。

 

あなたが活動している婚活の場で、その条件に当てはまる方の人数はどのくらいでしょうか?

 

そしてその方の条件に、あなたは当てはまっていますでしょうか。

 

少し厳しいことを書いてしまいましたが、条件にこだわるあまりに、婚活が長引いてらっしゃる方を何人も見てきました。

 

条件で結婚という方は、少しだけ条件を緩くすることで、条件だけでなく恋愛もしながら結婚に迎えると思いますよ。

 

自分の中で、折り合いのつく場所が見つかるとスムーズな婚活になります。

 

もちろん、幸せな結婚生活のために後悔のない相手を選びたいですよね。

 

結婚がわからなくなってきた人は、1歩引いてあたな自身が幸せになるために必要なことを探してみてくださいね。

 

まとめ

結婚というのは、人生において本当に大きなイベントです。

 

だからこそ、パートナー選びは慎重になってしまいますよね。結婚がよくわからなくなってきた人は、今一度自分がどうしたいのか考えて見ましょう。

 

結婚生活に具体的なイメージを持ち、どんな家庭を築いていきたいか想像してみましょう。

 

婚活は、人と人との結びつきの上で成り立ちます。自分ばかりではなく、相手を尊重し敬い、相手の話をよく聞いてあげてください。きっと相手も同様に、あなたのことを知りたいと心を開いてくれると思いますよ!

 

結婚がよくわからなくなってきたときは、どうしても譲れない条件から再スタートしてみてください。

 

そして、いろんな方に興味をもってみてください。相手は、自分を写す鏡といいます。疑心暗鬼になるより、相手のいいところを探すことからはじめてみましょう。

 

そうすることであなたの婚活ライフは、きっと楽しく素敵なものになりますよ。