結婚相談所で男性から受けのいいプロフィールの書き方!コレだけは押さえよう

どうせなら第一印象は、良く見せたいですよね。

 

結婚相談所では第一印象はプロフィールで決まります。

 

選ばれるプロフィールが書ければ、出会いの数を増やすこともできますよね。

 

今回は、男性ウケの良いプロフィールの書き方のコツをご紹介します。

 

空欄はつくらないように

プロフィールは結婚相談所によって様々ですが、主な項目は名前、生年月日、学歴、趣味、自己PRや相手の希望条件などです。

 

プロフィールの項目は、すべて埋めるようにしましょう。項目に空欄があると、相手も不安になります。

 

例えば、喫煙や飲酒の欄が空欄だったとしたら「実はヘビースモーカなのかな?」「書けないような内容なのかな」と思われてしまいます。

 

空欄は多ければ多いほど、選ばれないプロフィールになってしまいます。喫煙が該当しないならしっかりと「なし」と書き込むようにしましょう。

 

一つの項目のボリュームは多すぎず少なすぎず

大体、200〜300文字程度が読みやすいでしょう。

 

最近は、プロフィールをスマホで閲覧できる結婚相談所も増えてきました。200〜300文字程度であれば一つの画面に収まるボリュームです。

 

あまり長く書きすぎても、内容がまとまっていない印象を与えてしまうので300文字くらいにまでは留めておきましょう。

 

丁寧な文字は育ちが良い印象に

プロフィールで男性ウケを良くするに重要なのは、書く内容だけではありません。

 

結婚相談所のプロフィールは手書きのところもあります。

 

そういう場合は字を丁寧に書くことも好印象への第一歩になります。丁寧な文字は、落ち着いた育ちの良い女性のイメージを相手に持たせることができるからです。

 

日ごろパソコンやスマホでの連絡が多いため字を書くことが少ない人も多いのではないでしょうか。

 

中には「字を書くのが苦手」という女性も珍しくはありません。字に自信がなければ、文字のとめはらいを意識するだけで綺麗な文字にみえます。

 

また、1つの文章に漢字が多いと、堅苦しいイメージを与えてしまいます。漢字とひらがなをバランスよく混ぜて文章を書くと読みやすく、優しいイメージになります。

 

プロフィールカードをパッと見て全体が整ったきれいな文体であれば、男性への受けは良くなrます。

 

ウソは書いてはダメ

プロフィールを書く上での大前提ですが、ウソの内容は厳禁です。

「○○企業に勤めていました」

 

「お裁縫が趣味」

男性からのウケを良くするために、ありもしない内容を書いてしまうのはあなたの信頼を損ねてしまいます。

 

相手への希望は控えめに書こう

女性の中には、「スタートが肝心!」とばかりに相手の希望年収や性格、身長、車の有無などまで書く方がいますがこれは避けたほうがよいでしょう。

 

要望が多ければ多いほど、男性にとってハードルが高い女性に映ってしまいます。好印象にしたいのであれば、控えめに書きましょう。

 

「特になし」と書くのが良いでしょう。要望が多ければ多いほど印象が悪くなってしまいます。

 

自己PRは相手の興味を引くようなものを

自己PRの書き方で悩む方は多いのではないでしょうか。男性ウケが良くするにはは、一言つけくわえるのがポイントです。

 

例えば「料理が好きです」と書くとウケは良いですが、他の女性会員も「料理」と書いている人は沢山いるでしょう。

 

どうせだったら「最近は、お弁当作りにはまっています。玉子焼きは自信があります」などならお見合いの時の話題にもなりますよね。

 

マイナスな言葉は控える

プロフィールを書く際は、マイナスな印象になるような言葉は控えましょう。

 

30代経営者男性が婚活をしているとき、「仕事がきつい」や「仕事が大変」などのコメントが書かれていた女性のお見合いを断ったという事例もあります。

 

男性が「この女性、素敵だな」と思わせるにはやはり明るい言葉を使うことが有効です。

「明るい家庭を築きたい」
「楽しい時間を一緒に過ごしたい」
「長く一緒に過ごせるパートナー」

これらのような、将来に向けて向上心を感じるような明るい言葉を使うと好印象を与えることができます。

 

意外とみられる好きなタイプ

プロフィールには、「好きな男性のタイプは?」「好きな芸能人は?」の項目があります。

 

女性は、男性の年齢や年収などを重要視しますが男性は女性の好きなタイプをよく見ています。今を時めくようなイケメン俳優が頭に浮かんだとしても、ここはお笑い芸人などで留めておきましょう。

 

男性は、好きな芸能人にイケメン俳優の名前を見ただけで「理想が高いのかな」と思い込んでしまうのです。

 

イケメン俳優よりもお笑い芸人の方が、親近感を持ちやすくなります。お笑い芸人がいなければ、同性のあこがれの女優さんの名前を書いておくのも良いでしょう。

 

まとめ

今回ご紹介した、プロフィールの書き方はいかがでした?

 

結婚相談所のプロフィールは、就職活動の履歴書のように堅苦しいものではありません。謙虚過ぎても男性の気を引くことは難しいでしょう。

 

大切なことはプロフィールを見た男性が、思わず会ってみたくなるような個性を出すことです。

 

結婚へ遠回りしないためにも男性から選ばれるプロフィールを心がけましょう。