パートナーエージェントのメリット・デメリットや評判・悪い口コミまで全紹介

 

CMやインターネットで「パートナーエージェント」という会社は見たことがある方は多いのではないでしょうか。

 

パートナーエージェントは、高い成婚率で有名な結婚相談所です。

 

けれど、周りでなかなかパートナーエージェントを利用したという人がないという方は多いでしょう。

 

パートナーエージェントの実績から真剣に入会を考えているなら知っておきたい情報をまとめました。

 

今回は、パートナーエージェントのメリット・デメリットや評判・悪い口コミまでをご紹介します。

 

⇒パートナーエージェントの資料請求はこちら

 

 

パートナーエージェントとは?

「あなたと一緒に一年以内の結婚を目指す婚活支援のエージェントです」というコンセプトで運営されています。

 

その実力は、成婚率に表れています。

 

通常、結婚相談所の成婚率は10%ですが、パートナーエージェントの2016年度の成婚率は、28.6%という結婚相談所ではかなり高い数字です。

 

成婚率は、結婚相談所によっては開示されていなかったり、「成婚」の規定もバラバラです。

 

パートナーエージェントは、しっかりと数字に出すことで、その信頼を得ています。

 

パートナーエージェントの特徴

全額保証制度キャンペーン

平成29年11月の時点で、コンシェルジュコースには全額保証制度があります。

 

入会月の翌月1日から、3ヵ月以内に紹介され、お互いに合意にならなかった場合、登録料を全額返金するシステムを採用しています。

 

入会後のサービスにも自信があることが分かりますね。

 

ハイレベルなコンシェルジュ!

パートナーエージェントでは、アドバイザーをコンシェルジュと呼んでいます。このコンシェルジュこそ、パートナーエージェントが一番の特徴と言えるでしょう。

 

パートナーエージェントのコンシェルジュの特徴は何と言っても高いスキルです。

 

200時間以上の研修を行い、スキルを高めるためにトレーニングを積んだコンシェルジュたちです。

 

コーチングスキルを使ったインタビューやアドバイスは利用者の結婚相手への的確な条件や新たな結婚観を引き出してくれます。

 

成婚後12か月のサポート

無事に成婚した後も、無料で12か月のサポートが付いてきます。

 

新生活だからこそ、お互いに慣れない共同生活に意見がぶつかってしまうこともありますよね。そんな時に、専任のコンシェルジュがサポートしてくれます。

 

成婚後のケアは、嬉しいポイントですね。

 

1年以内の成婚率は33.9%のコンシェルジュコース

平成29年11月の時点で入会後、1年以内に成婚した方は33.9%です。

 

これは、コンシェルジュコースの成果の数字です。コンシェルジュコースの費用は以下の通りです。

 

登録料  3万円
初期費用 9万5千円
月会費  1万6千円
成婚料  5万円
※すべて税別

 

イベントだけ利用したい人向けのイベントコース

東京と関東エリア限定でパートナーエージェント主催のパーティーやイベントで婚活できるコースです。

 

飲み会スタイルや合コンスタイルのパーティーなどが参加可能です。

 

毎月、婚活セミナーやターゲット年齢を絞ったパーティーを行っています。

 

登録料  3万円
初期費用 2万5千円
月会費  7千円
成婚料  5万円
※すべて税別

 

⇒パートナーエージェントの資料請求はこちら

 

パートナーエージェントの口コミ

 

では、実際にパートナーエージェントを利用している人の評価はどうなのでしょうか。

 

口コミの一部を紹介します。

 

「毎週3人程度を紹介されました。日程調整が大変でした」

 

「コンシェルジュが異動になって、紹介される人数が減った」

 

「出会って4ヶ月で結婚しました」

 

「相手の条件やPRが少ないから、良いも悪いも判断材料がない」

 

「お見合い前の紹介の時点では、写真を見せてもらえない」

 

一番売りにしているコンシェルジュとの相性によって評価にばらつきが見られました。

 

基本は、会ってから交際がアリかナシかを決めるシステムです。スケジュールさえ調整が整えばかなりの数の男性と出会えますね。

 

 

パートナーエージェントのメリット

では、気になるメリットを紹介します。

 

イベントコースなら安く婚活ができる

通常の婚活パーティーは、パーティーの参加条件を満たせば誰でも参加可能です。

 

パートナーエージェントのパーティーは会員専用のパーティーなので、フロアにいる人は全て身元がはっきりわかった人たちです。

 

一人でパーティーに参加する女性としては安心の環境です。

 

大切なポイントでコンシェルジュからアドバイスが入る

真剣交際中もコンシェルジュから、アドバイスが入ります。

 

プロポーズなどの助言もあり、心強いサポートです。

 

パートナーエージェントのデメリット

実際に利用した方が感じたデメリットをご紹介します。

 

写真は店舗に出向かないと見られないシステム

多くの結婚相談所では、お見合い相手の写真をスマホから見ることが可能です。

 

ですがパートナーエージェントでは、店舗に足を運ばないと写真を見ることはできません。

 

これは、あまり自分が婚活している事を知られたくないという方にはメリットですね。

 

コンシェルジュを選ぶ事が出来ない

例えば、友人と同じコンシェルジュに変更して欲しくても、変更はできません。

 

明らかなクレームなどであれば相談してくれます。

 

口コミで、コンシェルジュとの相性については沢山出てくるので、これは残念なポイントですね。

 

⇒パートナーエージェントの資料請求はこちら

 

パートナーエージェントが合う人とは

では、パートナーエージェントが合う人はどんな人なのでしょうか。

 

ずばり、コンシェルジュとの連携が取れる人です。

 

高い入会金払ったから、あとはコンシェルジュに丸投げするようなタイプの方は、パートナーエージェントには不向きでしょう。

 

コンシェルジュは、男性に選ばれるための外見の磨き方から仕草、マナーまでアドバイスしてくれます。

 

これを「うるさい!」と突っぱねるようであれば、別の結婚相談所がおすすめです。

 

耳が痛くなるようなアドバイスもありますが、自分のためだと悔しい思いをグッと我慢してアドバイスを受け入れられれば、良い結果へとつながりやすくなります。

 

また、定期的に、コンシェルジュとコンタクトを取る事も大切です。自分の結婚への思いやパートナーに求めるものを読み取ったり、計画を練り直したりしてくれます。

 

まとめ

今回ご紹介した「パートナーエージェントのメリット・デメリットや評判・悪い口コミまで全紹介」はいかがでしたか?

 

コンシェルジュは、会員のために時には厳しいことをいう場合もあります。

 

けれど、それはすべてはあなたの成婚のためであることを忘れないようにしましょう。

 

コンシェルジュとうまく連携が取れれば、成婚のゴールも使づいてくるでしょう。

 

 

⇒パートナーエージェントの資料請求はこちら

 

資料請求後に住所確認の電話がかかってくるので、そこで不安な点など解消しましょう。