条件が厳しすぎ?結婚相談所に登録したけど相手がいない!どうすればいい?

婚活の効率が良いのは結婚相談所に登録することですよね。

 

けれど、登録してもなかなか男性から声がかからないと時間の無駄になってしまいます。登録したての頃は数人とお見合いしたけれど、2〜3ヶ月もしたらぱったりと申し込みがなくなってしまったなんていうことも。

 

じつは、自分の結婚相手の条件を見直せば、相手の選択肢が増やすことができます。

 

今回は、すぐにでも始められる結婚相談所で相手をみつける方法をご紹介します。

 

そもそもその相談所、あなたに合ってる?

登録している結婚相談所によって、利用者の年齢層や年収などに傾向があります。初期費用が抑えられている結婚相談所なら、20代の登録者多い傾向があります。

 

利用料金が高めに設定されているところは、高所得者が多いのも特徴です。また、結婚相談所の特色も千差万別です。

 

インターネットで会員の情報が見られるところもあれば、店舗に行かないと詳細がわからない場所もあります。料金を上乗せすることで、専任アドバイザーがオリジナルの婚活戦略を練ってくれるところもあります。

 

あなたの希望に沿った特色の結婚相談所かチェックしてみましょう。

 

希望の年収を200万下げてみよう

女性が婚活する際、チェックしたいのは相手の年収ではないでしょうか。基本的に、女性は希望年収を高く見積もる傾向があります。

 

婚活世代と呼ばれる20代〜40代の独身男性で、年収600万円以上は全体の4%以下と呼ばれています。

 

4%の男性と出会って結婚までたどり着くには、たくさんのライバルを潜り抜けなくてはなりません。競争率は10倍以上です。

 

これではなかなか結婚できませんよね。

 

お相手の希望年収が600万と思っているのであれば、試しに200万円希望額を下げてみましょう。年収400万円になれば、婚活世代の平均年収になります。

 

自然と、あなたの条件に当てはまる男性が増やすことができます。

 

外見に対して条件はあらかじめ設定しない

結婚相手の男性の外見に、少なからず条件が誰でもありますよね。

「自分より背は高いほうが良い」
「筋肉質な人が良い」
「オシャレな人が良い」

 

このような、条件は結婚後にいくらでもアレンジできます。例えば、身長を高く見せるファッションをコーディネートしてあげたり、ヘアカットのオーダーをアドバイスすることで雰囲気をガラッと変えることができます。

 

外見に対する条件は後からいくらでもアレンジができるので固執しなくてもよいのです。

 

敵を知ってこそ勝機あり!

婚活をスタートするとき、多くの女性が一人で婚活をスタートさせます。婚活で選ばれる女性をリサーチするのも有効な手段です。

 

例えば、気軽にできるのは婚活パーティーなどに参加してみることです。自分以外の参加者はどのようなファッション、しゃべり方をしているかチェックしてみましょう。

 

選ばれる女性たちは、やりすぎない男性ウケの良いファッションやプロフィールの書き方を知っています。彼女たちの休日の過ごし方は、家でゴロゴロしたりしていません。お金がかかりそう海外旅行を趣味に書きません。

 

どの男性でも手の届きやすい清楚な女性なのです。結婚相談所でも男受けの良いエッセンスを織り交ぜたプロフィールに直してみましょう。

 

それでも相手が見つからなければカウンセラーに相談

結婚相談所ではカウンセラーさんが常駐しています。「餅は餅屋!」という言葉があるように、専門家に聞いてみるのが一番でしょう。

 

カウンセラーさんは、異性に慣れていない会員さんなどを、結婚を導いてきたスペシャリストです。時には、耳が痛くなるようなアドバイスもありますが内容は的確です。

 

目からうろこの改善点がでてくるかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?婚活はだれもが初心者なので、上手くいかなくて当たり前です。

 

ただ漠然と「お金持ちと結婚したい」「素敵な結婚相手を探したい」というよりも自分がどんな結婚生活をしたいかを考えることが大切です。考えていくと、あなたの理想の結婚が必ずしも「お金持ち」ではなくても大丈夫なケースもあります。

 

相手がなかなか現れないと思ったら、まずはあなたの条件や結婚観を見直しましょう。将来設計をしっかり考えることで、婚活のゴールをみつけることができます。

 

⇒結婚相談所の無料診断を見に行く

 

⇒結婚相談所のココがデメリット!後悔しないための比較ランキング