偽装婚活者の正体!中にはいるので気を付けて!婚活中におかしいと思ったら

「よくみたら、カップリングした男性の左手の薬指に指輪のあと・・」

 

じつは、婚活を一生懸命やっている人の気持ちを逆手に取った偽装婚活者かもしれません。

 

偽装婚活者は、婚活パーティーなどに潜り込むだけではありません。ちゃっかりカップリングして、相手をうまくだましていくのです。

 

婚活をスタートしようと思っている方も、なんだかカップリングした相手に少しでも違和感を感じたのであれば偽装婚活者について、知っておきましょう。

 

騙されてからでは手遅れです。金銭面ではもちろん、精神的にもダメージを与えるのが偽装婚活の怖いところです。

 

今回は偽装婚活者の実態や婚活中におかしいと思った場合の対処法についてご紹介します。

 

 

偽装婚活者とは?

偽装婚活者をわかりやすく説明すると、婚活する気がないのに婚活パーティーなどに参加する人のことを指します。

 

都合の良い恋愛(不倫)・金銭・勧誘など彼らの目的は様々です。

 

彼らの目的はどうであれ被害者になってしまうと人が信じられなくなってしまうこともあるので要注意です。

 

偽装婚活者に狙われやすいタイプは?

偽装婚活者に狙われやすいタイプはおもに以下のタイプです。

 

【偽装婚活者がねらう4つのタイプ】
・婚活に焦っている人

 

・恋愛経験が少なそうな人

 

・地味でおとなしそうな人

 

・まじめな人

 

「これ、わたしかも」と思ったら、騙されないためにも偽装婚活者について知っておきましょう。

 

偽装婚活者の正体を詳しく解説

では、偽装婚活者の正体はどのような人たちなのでしょうか。

 

宗教の勧誘

カップリングして、デートを重ねたのち本題に入ります。

 

大体が信仰している神の話をしてきたり、ビデオ上映会に誘ってきたりします。信者を増やすことを目的としているため、必ず入信をすすめてきます。

 

彼らは、悪意があって入信をすすめているわけではありません。洗脳されているため、あなたのためを思って必死に勧めてきます。

 

宗教の勧誘は目的がすぐにばれるので、見破りやすいパターンです。

 

ホストやキャバ嬢

夜のお仕事で自分の売上のために婚活パーティーなどに潜り込むパターンです。

 

ホストやキャバ嬢は、トークが命なので会話上手です。「かわいいね」「素敵」などストレートな表現で相手を喜ばせることに長けています。

 

けれど、ゆくゆくはお店に来て欲しいので来店をおねだりされます。

 

ホストやキャバ嬢の場合、仕事内容が「接客業」と書いてあるパターンが多いです。

 

もちろん、「接客業」とプロフィールに書いてある方すべてがホストやキャバ嬢というわけではありません。

 

サクラ

時折、遭遇するのがサクラです。これは、婚活パーティーや婚活サイト側で雇われているスタッフです。

 

サクラを雇っているような婚活パーティや婚活サイトは多くはありませんが、悪質なところは参加者を多く見せるために、人数合わせでサクラに参加させています。

 

このような場合、カップリングせずにその場だけパーティーなどにするというパターンもあります。しかし、中にはカップリングしてから徐々に疎遠になっていくケースもあります。

 

婚活サイトでは、有料のメールのやり取りにつなげるけれど、実際に会う話になると理由をつけて会わない、などの手口です。実際に、ネットの婚活の口コミサイトでサクラに会ったという情報は沢山あります。

 

けれど、「肩の力が抜けて気楽に喋れた」という感想も。

 

やはり、婚活パーティー側のスタッフのなのでお客さんに悪い印象を与えない方が多いようです。

 

既婚者

既婚者が一番、見抜くことが難しいパターンです。既婚者は、何と言っても優しく、落ち着いた雰囲気の人が多いのが特徴です。

 

結局は、浮気目的なので体の関係にもっていきます。一度結婚しているので未婚者の扱いには慣れています。

 

そんな既婚者とデートすればかゆいところに手が届くようなエスコートも上手です。

 

一緒にいて癒されたり、気張らない雰囲気が楽だったりと魅力的に見えてしまいます。

 

結局、既婚者と打ち明けても気持ちが切り替えられずにずるずると不倫に走ってしまう人もいます。

 

ナンパ

相手が独身であっても油断はできません。じつは、未婚でも彼女や彼氏がいるのにナンパ目的で参加している人もいるのです。

 

彼らは、結婚する気は全くありません。本命の彼女がいるからです。

 

軽い浮気目的で婚活女性にちょっかいを出しているのです。

 

悪質な場合、婚活パーティーなどで「年収1000万」と嘘の情報を書いたり出身地や仕事内容まで偽っている場合もあります。

 

彼らにとって、婚活パーティーは格好のナンパスポットなのです。「友達もいるからこの後遊びに行かない?」などと誘い方もライトです。

 

友達など複数人で参加している場合もあるので真剣に婚活している様子がありません。そのような場合、すぐに見抜けるケースもあります。

 

偽装婚活者の見抜き方

では実際に、「この人、偽装婚活者かも・・」と思ったらどうしたらよいでしょうか。

 

偽装婚活者の見抜き方をご紹介します。

SNSチェック

偽装婚活者SNSをチェックしてみましょう。すると、日ごろの行動パターンがわかります。

 

やたらと夜や朝方の投稿が多かったり、友達がいかにも夜の仕事っぽかったりなど交友関係もチェックできます。

 

特に出身校は明らかにFacebookは偽装できないのでわかりやすいでしょう。

 

相手に、確かめるのも良いですが疑われていると思うと更に嘘で塗り固められます。

 

確信が持てたら、傷が浅いうちにフェードアウトすることが得策でしょう。

 

家族や仲の良い友達に会わせてもらう

既婚者の場合、友人や知り合いにあなたをなかなか紹介しようとさせません。

 

デートコースが、いつも遠方だったり会社名を隠したがるケースもあります。

 

単身赴任という場合もあるので、見ぬくのは至難の業です。

 

けれど、家族や友人を紹介して欲しいと言ってみることで明らかに相手が焦りだしたら要注意です。

 

スマホやLINEの待ち受けチェック

スマホやLINEの待ち受け画面をチェックするのも一つの手段です。

 

既婚者の場合、子供や奥さんの写真が待ち受けになっている場合があります。

 

相手のスマホをのぞき見することができないのであれば、スマホをいじるときの相手の様子を見てみましょう。

 

明らかにあなたに見えないように姿勢を直したり画面を隠したりしたら怪しいと思いましょう。

 

偽装婚活者とわかったらどうすればいい?

残念ながら、好印象を持った相手が偽装婚活者だった場合、あなたはどうしたらよいでしょうか。

 

とても、辛いですが連絡を取らないようにして徐々に距離を置くことが大切です。

 

一度は、好きななった相手なのでなかなか気持ちを切り替えるのは難しいですよね。じつは、これこそがが偽装婚活者の第2の罠でもあります。

 

偽装婚活者とばれても「それでも君のことが好き」などと、あなたの気持ちをつなぎとめようとします。この禁断の恋につけこむ事が、偽装婚活者の罠なのです。

 

辛いとは思いますが、これ以上傷つかないためにも相手の思うつぼにならないようにしましょう。

 

偽装婚活者に騙されないためには?

偽装婚活者に騙されてしまうと、精神的に傷ついて婚活をあきらめてしまう人もいます。このような事にならないためにも、信用のある婚活パーティーなどを選びましょう。

 

結婚相談所で婚活すれば、公的機関で発行される「独身証明書」がないと入会できないところもあります。

 

また、実際に偽装婚活をしていた人の情報では、職業の欄に華やかな職業を乗せるとだましやすくなるという話もあります。

 

「モデル業界」「テレビ業界関係」など、日ごろ接点がない華やかな職業はだれもが憧れます。その華やかさにひかれて女性たちは罠に引っ掛かりやすくなるのです。

 

また、安い婚活スタイルはコストもかからないため偽装婚活者が罠をかけやすいと話します。特に婚活サイトは直接対面せずにやり取りが可能なので、簡単に嘘がつけます。

 

直接会わないので、女性側も安心しきってしまい警戒もされにくいのです。

 

婚活業界は、需要も多いため様々な会社が多種多様な婚活スタイルを提案しています。自分にあった婚活スタイルを探すとともに、最後は自分の身は自分で守るスタンスで活動することが大切です。

 

まとめ

偽装婚活者は一歩間違えれば立派な犯罪です。国民生活センターにもこのような相談は多く、注意を呼び掛けています。

 

もちろん、婚活はこのような残念なパターンだけではなく、これは婚活全体から比べるとほんのわずかな例です。

 

婚活で幸せな結婚を手に入れた人たちも沢山います。

 

偽装婚活者の餌食にならないためにも情報と冷静な判断で婚活をしましょう。

 

⇒結婚相談所のココがデメリット!後悔しないための比較ランキング