結婚相手の年収はどれ位あれば普通に暮らせる?年収500万はどう?

婚活をしていく上で、切っても切り離せないのが年収ですよね。

 

「年収500万円がラインとよく聞くけれど、実際生活していくのにどれくらいあれば普通に生活していけるのかな?」

 

「お相手に望む年収はいくらが妥当なんだろう。」

 

「年収500万円だと生活レベルはどれくらいになるの?」

 

などなど、気になる年収について、詳しく解説いたします。

 

 

年収500万円の生活レベルってこんな感じ:モデルケース

年収500万円の生活レベルといっても、住んでいる地域によって大きく変わってきます。

 

都市圏にお住まいなのか、車必須の地方に住んでいるのかで、主に家賃や交通費に差が出てきます。

 

まずは都市圏でのモデルケースをみてみましょう。

 

モデルケース1:夫婦、子供1人幼児の場合(都市圏)

家賃 10万円
光熱費 2万円
通信費 2万円
食費 6万円(週1の外食含む)
交通費 1万円
雑費 2万円

以上で毎月23万円の固定費となります。

 

年収500万円ですと税金や健康保険料などを引かれ、手取りは400万円程度になります。月に25万円程度の収入になり、そこに年2回・2か月分のボーナスが入るのが一般的なケースです。

 

ボーナスも含めて月の平均手取りに換算すると、30万円ちょっとになります。

 

この時点で、残りが7万円です。貯蓄にも回したいでしょうし、急な出費があることもあるでしょう。万が一に備えて、保険にも加入しなくてはなりません。

 

子供が大きくなってくると、教育費がかかるようになってくるので、子供が小さいうちに貯蓄しておく方が安全です。

 

それらを考えると結婚相手が年収500万円で、あなたが専業主婦になる場合、少し節約を意識した生活になるかもしれませんね。

 

子供が小さいうちは家で面倒をみて、ある程度大きくなると奥さんはパートに出る方が多いです。今は共働きの家庭が多いですし、扶養内で働いて世帯年収をあげると余裕のある生活ができるようになります。

 

次は、地方の場合のモデルケースです。

 

モデルケース2:夫婦、子供1人幼児の場合(地方)

家賃 6万円
光熱費 2万円
通信費 2万円
食費 5万円(週1の外食含む)
車の維持費 2万円
雑費 2万円

以上で毎月19万円の固定費となります。

 

地方では家賃の支出が低くなります。都市圏との差額分で、貯蓄や娯楽に回せるお金が増えるでしょう。光熱費や通信費は、都市圏とそんなに差はありません。

 

食材や外食の費用などは、都市圏に比べると安くなる傾向があります。

 

都市圏ほど公共交通機関が発達していないので、車は必須の場合が多いですね。駐車場代や車検費用も含め、月平均で2万円程度はかかると見ておきましょう。

 

都市圏と地方によって年収500万円の方の割合もかなり変わってきます。

 

もちろん生活レベルもかわってくるでしょうから、あなたの住んでいる地域を参考にしてみてくださいね。
(参考サイト:都道府県別年収ランキング

 

地方では、年収500万円だと都市部より裕福な生活ができるイメージです。

 

現在の平均年収っていくら?

平成28年度の平均年収は422万円です。

 

男性では521万円、女性では280万円となっています。

 

20代での男女平均年収は343万円(中央値320万円)となっています。30代では482万円(中央値420万円)、40代になりますと年収は608万円(中央値550万円)まであがります。

 

20代で年収500万円を超える方は、9%程度です。30代で超える方は36%になり、40代にはいるとようやく65%といったところのようです。

 

中央値というのは、5人いたら3番目に位置する人の値です。平均になりますと一部高収入の人が引き上げてる場合が多いですので、中央値を参考にしてみましょう。

 

こうみるとあなたのお相手の世代が30代後半〜40代でないと、年収500万円希望というのは少し高めの希望となりますね。

 

あなたの「普通」によって生活レベルが変わる

あなたがどこに住み、どんなことにお金をかけたいかで生活レベルは変わってきます。

 

食にこだわりが無く、少し高額の趣味などがなければ、お相手の収入が500万円であれば普通の暮らしができると思います。

 

大切なのは収入によって、生活スタイルを見直すということです。どうしてもこだわりがあるのなら、家計の中から何かを削って費用を捻出することになりますね

 

また共働きをすることによって、余裕ができることでしょう。結婚をし年齢を重ねるごとに年収もあがってきます。家族のあり方でお金の使い道を考えていく必要がでてきますね。

 

「あなたにとっての普通」の価値観によって、年収500万円でも年収1000万円でも感じ方はかわってくると思いますよ。

 

まとめ

地方での婚活パーティーや、婚活アプリでは年収300〜400万円の人を多くみかけます。結婚相談所に登録している方ですと、年齢があがり年収が少し高くなるイメージですね。

 

地方ならば、お相手の年収が500万円ほどあれば、専業主婦でも普通の暮らしができるといえるでしょう。

 

ただ婚活の場では年収500万円あたりを基準に、異性からのアプローチが増える傾向にあります。競争率が高くなり、マッチングすることが難しくなる場合もあります。

 

年収にこだわればこだわるほど、結婚への道のりが少し遠ざかる可能性もあるというわけですね。

 

共働きを視野にいれ、収入に見合った暮らしをすれば、お相手の年収が300〜400万円でも十分普通に暮らしていけるといえますよ。

 

⇒結婚相談所のココがデメリット!後悔しないための比較ランキング